ベット送料

ベッドの送料を格安にする1番簡単な方法

ベット送料

ベット 運送

ベット 送る 費用

ベット 運賃

ベット 運ぶ

ベット 郵送料

 

 

ベッドを送りたい時どのくらいの送料がかかるのか気になります。
ベッドは大きいので普通の方法では送ることができません。

 

ベッドを送れるのは、大手の家財の宅配便か引越し業者です。
大手の宅配便でも家具を送ることが出来るのは、ヤマトさんくらいです。
ですから価格競争はなく、費用はやや高めになります。

 

コストを下げたいならば、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

 

 

一度の入力であなたのお住いの地域に対応できる複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。

 

実は引越し業者には、大型家具だけを運ぶと言うサービスもあります。
できるだけ費用を抑えたい方に人気があります。

 

新居が近所なら、ダンボールなどは自分で運べますね。
自分で運べない家財だけを運んでもらうと言う方は少なくありません。

 

ぜひ賢くご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し費用と繁忙期

 

引越しと繁忙期

 

引越し時期には繁忙期があります。
新大学生や新社会人は4月からの新学期に向けて、3月に引越しを行います。
全国一斉にこの動きがあるわけですから、3月は引越し業者は大忙しで、この時期を繁忙期と呼ぶのです。

 

ほかにも新学期に人事異動でサラリーマンファミリーが引越ししたりするので、さらに引越し業者を見つけるのが大変になるのです。
ですから繁忙期に引越しするのであれば、早めに見積もりを取って引越し業者と契約しておきましょう。

 

先延ばしにするほど、費用の高い業者しか残らなかったり最悪業者は見つからないこともあるのです。

 

繁忙期は費用も通常期よりも高めに設定されていますので、もしこの時期の引越しにこだわらないのであれば繁忙期は避けましょう。

 

引越しの手順

 

引越しのおおまかな手順

 

引越しはすることが多くて気分が焦りますね。
大まかな手順を把握しておくと安心ですよ。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者への見積もりですが、新居の状況がわからないと正確な費用が算出できません。
4階の引越しなのにエレベーターがなければ時間がかかりますね。そうすると人件費が上がります。
そういう細かいことも費用に関わるので、新居が決まってから見積もりを取った方が追加料金などのトラブルは少ないです。

 

引越し当日までにできるだけ荷物を減らしましょう。
不用品を運ぶのにも費用がかかります。勿体ないです。
いらないものは売る・あげる・捨てるなどして出来るだけ荷物を減らしましょう。

 

市外引越しの場合は、役所に転出届を出しましょう。引越しの2週間前から出すことができます。
出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、郵送してもらうなどの手間がかかるので必ず先に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は引越し日まで使いたいと連絡しましょう。
料金は日割りで精算してくれます。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定してください。
重い家具家電は後で移動が簡単にすることができません。
引越しの際にどこに置くかしっかり決めておきましょう。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は郵便物を転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨を連絡して下さい。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出してください。

 

他にも住所変更が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡してください。
郵便物の転送は1年間なので、忘れないうちに手続きしましょう。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し激安

 

引っ越し費用、もっと安くできないものでしょうか?
引越し費用は割引される場合がありますので、まずは条件を変えられないか確認してみませんか。

 

引っ越し費用は荷物の量が多いほど高くなるので、引越し料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。
荷物が多いと大きなトラックが必要になり、ガソリン代がかさみ、人手も多く必要になるので費用が高くなるのです。

 

さらに3月の繁忙期は、1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できればこの時期は避けたほうがいいです。ベッドのみを運びたい方も同様です。

 

繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりを取って、1番条件の良い業者と契約してしまいましょう。 
良い業者から予約が埋まりますので、準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

 

土日祝日は仕事を休まずに引越しが出来るということで引っ越し希望者が多く、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

午前中にして荷物を搬送して午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
し時間よりも費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

 

ベッド 輸送 ベット 配送